どこでもDooor

参加した勉強会 / 読んだ技術書 / 見聞きした備忘録 を気ままに書いていきます

【npm】sharpのインストール

概要

  • 画像データをwebpに変換するためsharpをインストールする

環境

  • さくらVPS
  • CentOS 6.4
  • npm 3.5.1
  • node 5.3.0

手順

  1. sharpのインストールに必要なもの
  2. clangのインストール
  3. gccのインストール
  4. sharpのインストール

1. sharpのインストールに必要なもの

とりあえずこれをやっておく。

$ curl -s https://raw.githubusercontent.com/lovell/sharp/master/preinstall.sh | sudo bash -

サイトを見ると、

  • Installation - sharp

    Prerequisites
    - C++11 compatible compiler such as gcc 4.6+ (Node v4+ requires gcc 4.8+), clang 3.0+ or MSVC 2013
    - node-gyp

なので、今回はgcc4.8+とclangをインストールします。

2. clangのインストール

$ sudo yum install clang

clang -vで3.0.0以上が入ってればok

3. gccのインストール

sharpのbuildの際、gccは4.6系でなければエラーが起きてしまうので、4.6系をインストールする。 下記ミラーサイトよりリンクをコピーしてインストールする。

今回は4.9.3にします。  

 $ wget http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/gcc/releases/gcc-4.9.3/gcc-4.9.3.tar.bz2

ダウンロードしたbz2を解凍

 $ bzip2 -d gcc-4.9.3.tar.bz2

またまたtarを解凍

$ tar -xf gcc-4.9.3.tar

これで現在のディレクトリにgcc-4.9.3のディレクトリができています。

$ cd gcc-4.9.3
$ ./configure --disable-multilib
$ make
$ sudo make install

makeが相当長い。tmuxとかでやっておくのがいいのかもしれない。

で、gccがインストールされるはずなので

$ gcc -v

でチェックしておきましょう。

4. sharpのインストール

$ sudo npm install sharp

でいけるはず、、!

(注意)

もともと(?)yumgccが入ってる場合つまづくこともあるようで、つまづきました。

$ sudo yum uninstall gcc

アンインストールした上で、

$ gcc -v

4.9.3がでればok、もう一回sharpのインストール行いましょう!

2日くらいかかった。。